国内旅行を楽しんでいます

国内旅行を楽しんでいます

国内旅行の楽しさについて

昔は、今ほど裕福な家庭は少なかったと記憶しています。ファッションやレジャーはもちろんのこと、良くも悪くも中流の家庭が多くあった気がします。なぜ急にそう感じたかと言えば、昨年従姉妹にグアム旅行のお土産を貰ったからです。従姉妹は三人の子どもがいるのですが、子ども達は海外に旅行に行くのが五度目だそうです。飛行機は手慣れたもので、アラフォーの私より遥かに経験が多いのです。腹が立つやら羨ましいやら…複雑な心境になります。

私が子どもの頃は、クラスメイトも含めて海外旅行経験者がいませんでした。国内旅行がせいぜいで、それも東京や大阪がほとんどだった気がします。しかし、心は豊かだったと感じています。三世代が一緒に出掛けられるのは幸せですし、何より日本には素晴らしい観光地がたくさんあります。父や母は無論、祖父や祖母の充実した表情は今も瞼の裏に焼き付いています。生きているあいだに旅行に行けて、本当に良かったと実感している次第です。

海外に出掛けるのも素晴らしいですが、もっと国内にも目を向けて欲しいです。世界遺産に認定された富士山を筆頭に、世界に出しても恥ずかしくないスポットが数多くあるのです。誇りを感じながら旅をして欲しいです。